自己資金ゼロでマイホームを購入する方法

チラシなどでよく見かけます。

「自己資金0円(ゼロ)で購入可!」

最近では、確かに銀行も諸費用ローンという商品で、まったく自己資金がなくても購入できるようになっています。
しかし、諸費用ローンはサラリーマンの方には、返済比率があえば、比較的簡単に審査が通りますが、自営業などご自身で確定申告している方にはとてもハードルの高いものです。

 

自営業の方で諸費用ローンを使える方はほんのひと握りです。
過少申告をされている方は、まず使えないと思っていただいたほうがよいぐらいハードルが高いものです。

 

そこで、諸費用ローンを使わずに、諸費用を借り入れする方法があります。
この方法は、新築マンションの販売では、日常茶飯事に行われているものですが、中古マンションや中古一戸建て、土地でも行うことは可能かもしれません。

ただし、条件があります。

まず前提として、新築マンションの場合は値引きを開始しているもの、中古マンションの場合は値段交渉が可能な物件に限ります。

例を挙げながらご説明しましょう。物件価格2,500万円の中古マンションがあったとします。
この中古マンションを購入するのに、諸費用が200万円必要だとします。

通常ならば、自己資金ゼロで購入するには、2,500万円の住宅ローンに加えて、200万円の諸費用ローンを借り入れすれば、

資金計画は成り立ちますが、諸費用ローンが借りられず、物件価格までしかローンが借り入れできない場合、 自己資金ゼロではこの中古マンションは購入できないのでしょうか。

 

方法・仲介業者によって自己資金ゼロで中古マンション購入

やり方次第、仲介業者次第で可能な方法があります。
ただし、申し上げておきますが、法に触れている可能性があることを十分認識してください。

また、私はこのやり方を推奨するわけではなく、こんな方法を使って悪いことをしている業者があることを暴露しているのだということでご理解のうえ読み進めてください。

まず200万円の値段交渉をとおします(売主に200万円の値引きを承諾してもらいます)。

そして、ここからがミソです。

 

関連記事

住宅ローンの審査基準は年収だけ? 住宅ローンの審査基準を調べていると「年収」という言葉が出てきます。 年収とはサラリーマンの方の場合、源泉徴収票に記載されている「給与収入」金額になりますが、自営業の方の場合はどの数字になるのでしょうか。[…]

200万円の値段交渉について、売主の了解をとったうえで、売買契約は売り出し価格の2,500万円で売買契約書をかわします。

さらに、別紙で覚書を作成し、売買価格を2,500万円から、2,300万円に変更することに売主買主ともに合意したという書面を作成するのです。

 

これで売主と買主の間では2,300万円で売買契約を交わしたことになります。

そして、銀行に住宅ローンを申し込むときには、契約書の写しを提出する必要がありますが、覚書は提出せず、売買契約書のみを提出します。

(原本の提示を銀行に求められても、売買契約書の原本では2,500万円になっていますから、売買契約書の原本を見せても2,500万円で契約したことになっているのです。)

 

2,500万円を借り入れすることができれば、そのうちの2,300万円を売主に支払い、残りの200万円を諸費用に当てれば、取引は可能になります。

 

ただし、銀行によっては、支払いの明細まで確認し、領収書のコピーまでとるところもありますので、銀行も不正を許さないようになってきています。

ですが、やりようはあるのです。

たとえばこのやり方です。

売買契約書のとおりに売主には2500万円払うのです。そして、あとでも良いと思いますが、売主に200万円返してもらいましょう。
その200万円で諸費用を支払えば、売買契約書どおりに、支払いをしたことになります。

 

売主が現金を200万円準備できる人であれば、売買代金の支払いと同時に200万円を受け取れば、その場で司法書士への登記費用や、仲介手数料なども支払うことができます。

 

銀行が司法書士の登記費用、仲介業者への仲介手数料の支払いを確認してきても、きちんと証拠を提出できることになります。

 

う~ん、仲介業者は悪いことをしようと思えばできてしまうんですね。。。
(業者の悪行を暴いているわけですから、決してマネをしないようにお願いします)

 

投げ込みチラシなどで、
「自己資金がない方、気軽に相談ください」
「ほかで住宅ローンが借り入れできなかった方、気軽にご相談ください」
等々のうたい文句を掲げているところは、こういうことをしているかもしれません。

 

ただし、チラシではとても良心的なように見えますが、銀行にウソをついていることになりますので、違法性があります。くれぐれもこのような行為をマネしないようにしてください・・・。
>不動産取引事例で売却価格相場が分かる!

不動産取引事例で売却価格相場が分かる!

不動産取引は初めてでよくわからないから、「地元の不動産会社にお願いしよう!」 それもいいですが、家や出先で「たったの1分」の入力で、お持ちの不動産の見積もり(価格)を複数の不動産会社から教えてもらえるサービスはご存知ですか? 不動産(家・土地・マンション)をできるだけ高値で売却をしたいなら、無料の「不動産一括査定」をオススメします! 全国各地の不動産取引額から固定資産税額の調査を実施! あなたの不動産取引の参考にして下さい!

CTR IMG