今買うべき論

 

不動産を購入するとき、よほど明確な強い動機が無いと、今すぐに買わなければならないという気持ちは生まれません。

 

よほど魅力的な物件でない限り、
「次の物件を見てみたい」
となります。

 

でも反対に、転勤、同居、立ち退きなど、時期と動機が明確な場合 、その時に出ている物件から選ぶことになります。

営業マンも、一生懸命に物件を紹介すれば、お客様がおのずと物件を選択し、購入の決断をしてくれます。

そういうお客様の場合はとても楽です。

 

Name
しかし、反対に物件に魅力がなければ簡単に他決(たけつ、業界用語。他の業者で契約されてしまうこと)してしまいます。

 

動機と購入時期が明確なお客様は必ずと言っていいほど、物件を購入してくれます。
ですが、その分営業マンはがんばらないといけません
いつの間にか他決してたなんてことはよくあることです。今回のテーマは「今買うべき論」ですが、動機はあっても時期が明確でないお客様に「今買うべきです」と営業をするのです。

 

いくら買いたいとお客様が思っていても、時期を急がないお客様はなかなか決まりません。
そこで営業マンのセールストークよって 、お客様の購入時期を急かすのです。

 

「早くに買わないと」と思ってもらえれば、お客様の物件見る目が変わってきます。

「急がない」と考えてるお客様は物件を見るときにも、自分が購入することをイメージしていません。
早くに買いたいと思わせることによって、物件を真剣に見ることになるのです。

 

余談になりますが、お客様の「急いでない」は見極めが必要です。ほんとに急いでいない人もいますが、営業マンに急かされることを嫌って、急いでないふりをしているお客様もいますので、その言葉をうのみにせず、よくヒアリングしましょう。

 

では具体的にどうやってお客様を今買う気にさせるのか、ひとつの例をお話しいたします。

古典的ではありますが、意外にこの話はきちんと理解してもらえれば、結構な効き目があります。

私も新人には、この話のためのツールを準備しておき、よく使ったものです。

最近は手を抜いてるかもしれませんが、また使ってみようと思います。

お客様の動機作りのための、「今買うべき論」を古典的ではありますがひとつご説明させていただきます。

 

今買うべき論は、言い換えれば「今買わなくてどうするの?」ですが、うまくお話をしないとお客様の機嫌を損ねかねません。一方的ではなく、質問を織り交ぜながらとか、雑談の延長で 話してみるなど、タイミングを見計らって話してみてください。
せっかくのいい話もタイミングが悪いと全く効き目がないどころか、逆効果にもなりかねません。

 

それでは、具体的に説明をいたします。

キーワードは「金利がもし1%上がってしまったら・・・」です。

お客様の予算に合わせて、資金計画を作ることがありますよね。
まず基本はその資金計画です。

 

例えば3000万円の物件を自己資金300万円で買うとします。
(諸費用はわかりやすくするためにここでは計算に入れません。)

 

すると、住宅ローンは2700万円となります。
例えば、現在の金利0.775%、35年返済で計算をしますと、 73,415円になります。

 

もし、この資金計画で、金利が1%上がったらどうなるでしょうか。
支払額が上がるのは当然誰でもわかりますよね。

ちなみにいくらになるのかというと、 86,356円になります。

その差額が 12,941円です。
同じものを買うのに金利が1%違うだけで、月々12,941円多く支払わないといけないのです。

 

金利の低い今が買い時

 

もう少しつっこんでみましょう。
0.775%の時と同じ支払いにするには自己資金をいくら足さないといけないでしょうか。

これを逆算しますと、
住宅ローンの借り入れが2300万円の時に、ほぼ同じ額になります。

 

金利が1.775%の時の資金計画としては、3000万円の物件を買うのに自己資金700万円、借り入れ2300万円で、支払額が 73,562円になります。

 

これが重要ポイントです。

金利が1%上がったら、同じ物件を購入するのに自己資金を400万円増やさないといけないのです。
そうでなければ購入できる物件の価格が下がる、つまり物件の質が下がるのです。

 

もっと言い換えれば、頑張って貯金を増やして自己資金を400万円増やしたとしても、金利が1%上がってしまったら、その努力がパーになるのです。

さらに貯金に費やした期間だけローンが終わるのが遅くなります。

 

「だから 金利の低い今が買い時」なのです。

 

これをきちんとお客様に理解してもらえれば、それ以降お客様の物件を見る目が変わるはずです。

真剣度が上がれば、物件選びも本気度が上がります。決断力も上がってきます。

 

 

ぼんやりとなんとなく家が欲しいなあ、というどちらかというと若い目のお客様には効果があると思います。
あるいは、ローンを組めるのがギリギリに近づいてきて、でもまだ一度もマイホームを購入したことのない方にも効果的かも知れません。

でも使い方には気をつけてくださいね。

>不動産取引事例で売却価格相場が分かる!

不動産取引事例で売却価格相場が分かる!

不動産取引は初めてでよくわからないから、「地元の不動産会社にお願いしよう!」 それもいいですが、家や出先で「たったの1分」の入力で、お持ちの不動産の見積もり(価格)を複数の不動産会社から教えてもらえるサービスはご存知ですか? 不動産(家・土地・マンション)をできるだけ高値で売却をしたいなら、無料の「不動産一括査定」をオススメします! 全国各地の不動産取引額から固定資産税額の調査を実施! あなたの不動産取引の参考にして下さい!

CTR IMG