売却価格を誰にも知られないようにする方法

 

中古マンションなどで、売却価格を周りの人に知られたくないと思うときがあるかと思います。

「あの部屋の人、あんなに安く売って、相場が下がってしまったじゃないの」
などと陰口をたたかれることもあります。

 

実際には相場がありますから、よほど切羽詰まった事情でない限り、普通はたたき売るなんてことはあまり考えられません。もしも、お金に余裕があったとしても、余裕がある人ほど「別に急いでない」と値段交渉も簡単に断ってきます。安くでもいいからとにかく現金化したいという人は稀です。

ですから相場よりも安く売り出されるケースというのは、何かしらの事情のある方が多いです。

そういったマイナスの事情を知られたくないから、売却は水面下でしてほしい、

という要望もあれば、マンションのような共同住宅の場合、売却価格が周りにも影響しますから、

できることなら隠密に済ませたい、というケースもあります。

 

先日のあるお客様のケースの場合は、資金繰りに困ってるわけでもなく、

追い詰められてるわけでもありませんでしたが、売却が長引いたため、

そろそろ決着したいとのことで、割と大きな値引きを覚悟しても構わないので、

買取先(業者)を探してほしいという依頼でした。

 

ただ、そうすると過去最安値になりかねないため、できることなら売却価格を周りに知られないように隠密に売却をしたいとのご意向だったのです。

 

それまでは複数の不動産業者に一般媒介契約で契約をしており、レインズにも登録されていました。

レインズを利用するとなると、成約価格の登録をしなければいけなくなります。

レインズのガイドラインにもそのように記載されています。

 

レインズへの登録を回避する方法

 

また、一般媒介契約書にも指定流通機構への登録の有無という欄があり、有にマルがついているとレインズに登録する契約になりますから、成約登録をしないということには問題があります。

そこで、以下のような方法で、レインズへの登録を回避する方法があります。

まずは一般媒介契約を解除します。

そして新たに一般媒介契約を締結するのですが、この時に指定流通機構への登録の有無を「無」にします。

これでレインズには登録しなくて済みます。
成約価格も誰かが口をすべらさない限りわかりません。

 

ただこれを推奨するわけではありません。
実際にはレインズを利用していたわけですから、必ずしも正しい方法とは思えませんがやむを得ない場合は仕方がないのかも知れません。

 

>不動産取引事例で売却価格相場が分かる!

不動産取引事例で売却価格相場が分かる!

不動産取引は初めてでよくわからないから、「地元の不動産会社にお願いしよう!」 それもいいですが、家や出先で「たったの1分」の入力で、お持ちの不動産の見積もり(価格)を複数の不動産会社から教えてもらえるサービスはご存知ですか? 不動産(家・土地・マンション)をできるだけ高値で売却をしたいなら、無料の「不動産一括査定」をオススメします! 全国各地の不動産取引額から固定資産税額の調査を実施! あなたの不動産取引の参考にして下さい!

CTR IMG