都市計画道路に抵触する不動産は「買い」か

都市計画道路に抵触する不動産は「買い」か

 

物件の概要を見ていると、時々「都市計画道路に抵触しています」というような文言を見かける時があります。
私自身が新人の頃、都市計画道路に抵触しているということは、都市計画道路が事業決定してしまったら、土地の面積が減ってしまって、資産価値が下がると思っていました。

 

確かにそれもあながち間違いではないと思いますが、経験と勉強を重ねていくうちに、都市計画道路を利用するやり方もあるのだと気付いてきました。

 

去年の暮れに、私自身がマンションから一戸建てに買い替えしようと、建築条件付の土地を見に行きました。

 

全部で4区画あり、そのうちの1区画が都市計画道路に抵触していました。

土地の面積は約40坪ありまして、そのうちの約5坪が都市計画道路に抵触していたのです。

 

おとなりの区画は土地面積が35坪で、都市計画道路に抵触している40坪の土地と同じ価格でした。

 

その価格設定を見たときに、私は「買いだ」と思いました。

40坪のうち35坪にカースペース2台と家を配置し、計画道路に抵触している5坪は3台目のカースペースとしました。

将来、その5坪が市に買い取られることを想定してプランを立てたのです。

 

都市計画道路が事業決定されて、いよいよ買い取ってもらえるとなれば、臨時収入になります。

 

都市計画道路はむしろ私にとってありがたいと思えるものでした。

 

しかし、家のプランを立てているときに、その土地には先に買い手が付いてしまいました。

プロでもこんなことがあります。先に取られてしまったのです。結局、隣の区画を購入しました。

 

Name
話を元に戻しますが、今回の私が検討していた物件のように、土地の一部であればそこを収用された時を想定してプランを立てればいいと思います。

ときどきですが、敷地の全部が都市計画道路に入ってしまっている時があります。

その場合は全てを収用されるため、事業決定と同時に引越しをしないといけなくなります。

 

それは面倒ではありますが、時価で買い取ってもらえるということを想定すれば、損ではないのかもしれません。

 

しかし、あくまでも時価ですから、多少イロをつけてもらったとしても、基本はあくまでも時価です。

引越しを余儀なくされ、さらにその時のご時世が悪く、相場が下がってしまうと、

相場が回復するまで待ってもらえればいいですが、そこまで考えてもらえるかどうかわかりませんので、とても不安定な状態になります。

 

都市計画道路に敷地の全部が抵触しているということで、

もしも安く買えるならばそれもありですが、単に相場で買うだけならば、不安定さが残るためお勧めはしません。

 

Name
敷地の一部であれば、物件にもよりますが、あまり気にせず考えてもいいのではないかと思います。

 

都市計画道路が事業決定され、どんどん道路の拡幅が進んでいっている時に、粘ってなかなか立ち退きに応じない家を見かけますが、たんに粘っているのではなく資金的な事情もあるのかも知れません。

 

ちなみに都市計画道路は、戦後間もなく決定されたり、昭和40年代に決定されたり、かなり昔に決定されたものが多いので、現在まで事業が決定していないということは、

極端な話、生きている間に拡幅されるかどうかもわかりませんし、計画が変更になる可能性もあります。

惑わされないようしないといけません。

>不動産取引事例で売却価格相場が分かる!

不動産取引事例で売却価格相場が分かる!

不動産取引は初めてでよくわからないから、「地元の不動産会社にお願いしよう!」 それもいいですが、家や出先で「たったの1分」の入力で、お持ちの不動産の見積もり(価格)を複数の不動産会社から教えてもらえるサービスはご存知ですか? 不動産(家・土地・マンション)をできるだけ高値で売却をしたいなら、無料の「不動産一括査定」をオススメします! 全国各地の不動産取引額から固定資産税額の調査を実施! あなたの不動産取引の参考にして下さい!

CTR IMG