離婚と住宅ローンの関係

離婚が原因で住宅ローンが断られることがあります。
先日も一戸建を購入希望のお客様が住宅ローンを申し込み(本申込)し、承認が得られたにもかかわらず、ローン契約(金銭消費貸借契約)の際に、ちょっとした発言から融資承認を取り消されました。
一度得られた融資承認を取り消されるほどの事情は何だったのかお話していきいます。

そのお客様は他の不動産業者さんからのご紹介のお客様でした。私は売主担当、いわゆる物元業者です。客付業者は、地元の業者さんでした。

わたし自身はそのお客様と直接お話することは基本的にはできません。

ですから、住宅ローンの手続きはその客付業者とお客さまご自身がされていました。

お客様が住宅ローンを申し込んだ銀行はわたしの勤める会社の提携銀行でもあったのでわたしも書類のファックスや物件の説明など色々と手伝っておりました。

 

当初は順調でした。

書類もすぐに集まり物件関連の書類もわたしがファックスし、承認を得られるまでにそんなに時間はかかりませんでした。

 

そして残代金決済の日程を決め、その決済日に合わせて買主はローン契約(金銭消費貸借契約)に行きました。

そこで銀行の担当者に言われたことが、「住民票の異動」だったのですが、買主本人のみの住民票の異動ではなく「家族全員」の住民票の異動でした。

買主は現在の奥様に、物件を購入することは言っていなかったようです。

また、買主が物件を購入するのは新しいお嫁さんと住むための新居でもあったようなのです。

そこで問題が発覚しました。

 

買主は「家族全員の住民票は異動できない」と言ったのです。自分個人の住民票だけなら構わなかったみたいですが、家族全員を異動するとなると、家の購入が現在の奥様にバレてしまうのです。

 

バレてしまうことに腹をくくればいいのですが、お子様がいたりいろいろなご事情があったのでしょう。
それはまだ出来なかったようです。

離婚は資産状況が大きく変わる!

 

そして銀行は尋ねます。

「なぜですか?」

 

買主もそんな質問が来るとは思っていなかったのでしょう。

不意をつかれついつい本当のことを洗いざらい話してしまったのです。

 

それを聞いた銀行の担当者は、知ってしまったのに知らんぷりができなくなります。

離婚をするということは、財産分与や教育費の負担、慰謝料など、資産状況が大きく変わる要素がたくさんあります。

 

もしもすでに離婚が成立しており、金銭的なこともはっきりと決まっておれば、それを前提に住宅ローンの審査もできたのかもしれませんが、そういった不確定要素を銀行はとても嫌がります。

 

そして銀行内部での協議の結果、残念なことに融資承認は取り消されました。

 

現在のところまだ融資してくれる銀行は見つかっていません。
また何かの機会で報告させていただきたいと思います。
>不動産取引事例で売却価格相場が分かる!

不動産取引事例で売却価格相場が分かる!

不動産取引は初めてでよくわからないから、「地元の不動産会社にお願いしよう!」 それもいいですが、家や出先で「たったの1分」の入力で、お持ちの不動産の見積もり(価格)を複数の不動産会社から教えてもらえるサービスはご存知ですか? 不動産(家・土地・マンション)をできるだけ高値で売却をしたいなら、無料の「不動産一括査定」をオススメします! 全国各地の不動産取引額から固定資産税額の調査を実施! あなたの不動産取引の参考にして下さい!

CTR IMG