中古マンションと家賃と住宅ローン

中古マンションと家賃と住宅ローン

 

賃貸で借りている方がいいのか、それとも住宅ローンを組み、家賃の代わりに住宅ローンの返済をする方がいいのか。皆さんはどのようにお考えでしょうか。

 

家賃と同じ支払いならば、住宅ローンを組んで購入した方がいい、というご意見がきっととても多いことでしょう。

私も同じように考えていました。そして現在もその考えはほぼ変わっておりません。

 

しかし、時々買わないほうがよかったのでは?!と思うときがあります。

 

それは例えば、リストラや会社の倒産や市況の変化によって、ローンの返済ができなくなった人を見かけたときです。

中古マンションの売り出しを見ていると、

時々「債権者の同意が必要です」と書いてあるのを見かけることがありますが、

まさにリストラや倒産などで、住宅ローンが支払えなくなった人を目の当たりにすることがあります。

 

そういった方は、中古マンションを売却し、安い家賃の賃貸に引越しされることが多いです。

任意売却で中古マンションを売却し、売却してもなお残っている住宅ローンについては破産手続きをして、債務を逃れることが多いようです。

 

こういう光景を見たときに、「無理して買ったのかなあ」と思うのです。

もしも買わずに賃貸マンションを借りていたとしたら、高い家賃が払えなければ、安い家賃のところに引越しするだけで済んだのではないのかと思うのです。

 

それなら中古マンションを購入していた場合でも、

払えなくなった時点で売ればいいじゃないか、と思いますが、

中古マンションの任意売却の場合は、売却価格よりも住宅ローンの方が多いこともよくあり、

実際には売却できないでいることが多いのです。

 

売却資金で住宅ローンを完済できれば、心配はないのですが、

中古マンションが値下がりし、住宅ローンの残高よりも低い価格になってしまうと、

売却するために自己資金が必要になります。

住宅ローンを全額返済しないと、銀行は抵当権を解除しませんので、売却ができません。

 

もしも売却資金で住宅ローンを完済できない場合は自己資金を追加して返済をしないといけないのです。

 

その自己資金も用意できず、何らかの理由で住宅ローンの月々の返済もできず、にっちもさっちもいかなくなった場合に、銀行にお願いをするのです。

「とりあえず、売却して返せる分だけ返しますので抵当権を解除してください」と。

それを銀行が承諾すれば、抵当権が解除され、売却できることになります。

 

なので、任意売却の時には債権者(銀行)の同意が必要になるのです。

自己資金ゼロで購入ができる

 

こういう状況に陥る方に多いのは、収入が少なく、自己資金も少ないのに、「家賃と同じくらいなら買った方がいい」と無理をして買ってしまう人です。

 

マンションのチラシでも書いてありますよね。

「自己資金ゼロでも購入可」

確かに自己資金ゼロでも購入ができます。

 

マイホームを手にすることの喜びを得られますし、自信にもなります。

けれど、その支払いを何十年もしていかないといけないことをわすれてはいけません。

 

確かに家賃であったとしても、住居費としては払い続けていかないといけません。

それは生きている間ずっとです。

購入して自分のものになれば住宅ローンの支払いも家賃もなくなり、

住居費は大幅に減ることになるでしょう。

 

ですが、それは住宅ローンとして借りた分を返し切った場合です。

当たり前のことですが、これは本当に大変な労力です。

 

毎月の金額についついマヒをしてしまいますが、何千万円もの借金です。借りた以上返さなければいけません。

 

自己資金ゼロで購入できても、中古マンションが値下がりすることも想定しておかなければなりません。

 

資産価値?もし資産価値がゼロになったとしてもなんとかなるような資金繰りができるよう考えておくべきです。

それが描けないならば無理をしないことです。一生のお買い物で博打をしないことをお勧めします。

 

無理をせず様子を伺い、人生最後に勝ち組に入ればいいのです。いっときの衝動で無理をしないようよく考えていただければと思います。
>不動産取引事例で売却価格相場が分かる!

不動産取引事例で売却価格相場が分かる!

不動産取引は初めてでよくわからないから、「地元の不動産会社にお願いしよう!」 それもいいですが、家や出先で「たったの1分」の入力で、お持ちの不動産の見積もり(価格)を複数の不動産会社から教えてもらえるサービスはご存知ですか? 不動産(家・土地・マンション)をできるだけ高値で売却をしたいなら、無料の「不動産一括査定」をオススメします! 全国各地の不動産取引額から固定資産税額の調査を実施! あなたの不動産取引の参考にして下さい!

CTR IMG