火災保険に安く加入する方法ってある?銀行の提案ではなく、相見積もりが重要

マイホーム購入時の諸費用の中に「火災保険」があります。
マンションの場合35年の長期加入でも数万円~十数万円で済みますが、一戸建ての場合は見積もりを出してもらった時に目が飛び出るほどの金額を提示されることがあります。
特に木造の場合は高額になります。

 

そんな火災保険の見積もりですが、35年分の長期の火災保険を一括で入ったりすると70万円とか、100万円とか高額の見積もりが出てきたりします。

火災保険はたいていの場合代理店を通じて加入することになりますが、代理店によって割引率が違います。年間を通して一定の契約数を達成すると、その代理店は火災保険の割引が出来るようになるのです。

ですから、同じ条件の火災保険に加入するにしても、店舗によって金額が違ったりすることもありますのでよくご検討ください。

私自身が一戸建てを購入するときに利用した保険代理店では、代理店の割引に加えてインターネットでの加入の割引もあり、他の火災保険代理店の見積と比較しても10万円以上安くなりました。

私の職業上の立場からは、そういった保険代理店をお客様にご紹介することができないため、私自身も不勉強であったのですが、その代理店は私の知る限り一番安いです。

その代理店の担当者は、銀行の提案する火災保険と競合しても、間違いなく勝てると言っています。

住宅ローンを利用する場合、自然な流れで銀行が火災保険を提案してきます。

銀行は火災保険の契約件数もたくさんあると思うので、きっと割引率が高いと私は信じ込んでいましたが、

銀行よりはるかに安い割引もあるので、安易に決めてしまわず、火災保険も複数に相見積もりをとるのがよろしいかと思います。

 

火災保険については、こちらのサイトが詳しく紹介されているかと思います。
かしこい火災保険の選び方

FPが教える!失敗しないかしこい火災保険の選び方…

>不動産取引事例で売却価格相場が分かる!

不動産取引事例で売却価格相場が分かる!

不動産取引は初めてでよくわからないから、「地元の不動産会社にお願いしよう!」 それもいいですが、家や出先で「たったの1分」の入力で、お持ちの不動産の見積もり(価格)を複数の不動産会社から教えてもらえるサービスはご存知ですか? 不動産(家・土地・マンション)をできるだけ高値で売却をしたいなら、無料の「不動産一括査定」をオススメします! 全国各地の不動産取引額から固定資産税額の調査を実施! あなたの不動産取引の参考にして下さい!

CTR IMG