太陽光発電システムのパネルの重さ・耐用年数はどのくらいか知ってる?

太陽光パネルの重さは、意外に重いんだよ!
そうなんだ。
太陽光パネルの重さは、重要なのに考えずにいがち!なんだ。
いったいどれくらいの重さなのか知っているかな?

太陽光パネルは1枚15kg!

 

メーカーによって多少かわりますが、パネル1枚あたりの重さはだいたい15kg前後です。
これだけでも「かなり重たいだろうな」と分かっていただけると思いますが、パネルは一枚だけで乗るわけではありません

 

kW数が多くなれば多くなるほど、屋根にのせるパネルの枚数は増えていきます。

メーカーによって違うけど、3kW大体14~18枚くらいと言われているよ。

15枚と考えても、16×15=240kg

 

これだけの重量が、常時屋根と家にかかっているのだということは、しっかり念頭においておいてください。

 

太陽光パネルだけじゃない!

加えて、太陽光パネルを固定する架台の重さもかかってきます。
比較的軽いメーカーのものであっても、その重さは1kWあたり36kg
3kWだと、3×36=108kg
これに、パネルの重量を足すと、240+108=348kgにもなるのです!

新築物件と既存住宅の違い

でも、348kgという重量は、一箇所にかかるわけではなく、屋根全体で支えるから、一箇所あたりの負担はかなり少なくなるよ。

そのため、新築物件ではまず問題がないでしょう。

 

しかし、既存住宅は
特に昭和に建てられた物件ですと、「屋根の上から、恒常的に負荷がかかり続ける」ことは想定されていません。

 

そのため、家自体が重荷にたえきれず、家なりが起こったり寿命が短くなったりしてしまします。
金銭面を考えて太陽光を導入したのに、これでは本末転倒。
太陽光発電システム導入前にきっちり計算が必要です。

太陽光パネルの耐用年数とは?

 

太陽光パネルは壊れやすい!
もとをとる前に壊れちゃう・・・
高いお金をかけて導入しても、結局使えなくなったら意味がない。

こんな話を聞いて、太陽光発電システムを導入するか悩んでいる人が沢山いるよ。
そんな人たちのために、太陽光パネルの耐用年数について紹介しよう。

省令、メーカー保証、寿命

太陽光パネルは、省令で「9年の耐用年数を持ち得ること」と定められています。

 

しかし現在、10年以下を保証期限としているメーカーはありません。
どのメーカーでも最低10年を保証期限として定めています。

平均的な太陽光パネル「寿命」は?

太陽光発電の技術躍進は目ざましく、普通に使っていれば、まず20年は大丈夫です。
だいたい25年前後ですが、かなり長く使うことができます。

出力の低下について

太陽光パネルを長く使っていると、出力が落ちて発電量が下がるってことない?
太陽光パネルの出力が大きく下がることはまれで、特に設置直後と5年後では、日照量の違いからか、5年後の方が多かったという統計もあるんだ。

仮に出力が落ちたとしても、太陽光発電の減価償却期間は早くて10年、遅くても15年

 

「元手が回収できないうちにパネルが壊れた!」というケースは、天災など以外ではほとんどみられません。
そういう意味では、「耐用年数はどれくらいか」とカリカリせずに、「まぁ元手を回収できるまでは持つだろう」とゆったり構えることができるといえるでしょう。

>不動産取引事例で売却価格相場が分かる!

不動産取引事例で売却価格相場が分かる!

不動産取引は初めてでよくわからないから、「地元の不動産会社にお願いしよう!」 それもいいですが、家や出先で「たったの1分」の入力で、お持ちの不動産の見積もり(価格)を複数の不動産会社から教えてもらえるサービスはご存知ですか? 不動産(家・土地・マンション)をできるだけ高値で売却をしたいなら、無料の「不動産一括査定」をオススメします! 全国各地の不動産取引額から固定資産税額の調査を実施! あなたの不動産取引の参考にして下さい!

CTR IMG