太陽光発電のメリット・デメリットとは?

今回は、太陽光発電のメリットとデメリットについて考えてみよう。
太陽光発電にデメリットってあるんだ。
太陽光発電のメリットから紹介するよ。

太陽光発電システムのメリットとは?

 

太陽光発電のメリットは思いつくだけでもたくさんあります。

メリットの中でも、一番大きいのは資源面でのメリットなんだよ。

太陽光発電の資源面でのメリット

地球では限りある資源を使い、燃料枯渇の危機感にさいなまれながら日々の生活を送っています。
事実、2008年度に急激に起こった、異常なまでの原油高騰により、日本国民のみならず世界的に生活の圧迫を受け、ダメージを受けています。

 

しかし、太陽光発電システムは宇宙から降り注ぐ太陽の光を資源とするので、燃料が枯渇する心配がありません。
そして、太陽光発電の原理では、作動音による騒音や、大気汚染汚水の排出など地球環境を悪化させる原因の物質をまったく排出しないため、環境への負担が大幅に減少します。

これが太陽光発電最大のメリットでしょう。

太陽光発電の経済面でのメリット

太陽光発電を導入しようと考えた人が、一番先に思い浮かべるメリットが経済面だと思うよ。

月々かかる光熱費の出費が太陽光発電によって負担が減ります。
また、昼に使用しなかったため余った電力は、地域を管轄する電力会社に売ることができます。

 

余った電力を電力会社に売ることによって、夜間に電力会社から買って使用している分の電気代が差し引かれるから、少額で済むようになるんだよ。

経済的メリットとしては弱いかもしれませんが、太陽光発電パネルは、一度設置してしまえばメンテナンスもほぼ不要とさえいわれています。
太陽光発電システムで唯一パワーコンディショナの点検と整備がかかるくらいですが、ほとんどのメーカーの基本保証期間が10年間と長期ですので心配は要らないでしょう。

 

太陽光発電システムはオール電化住宅と特に相性が良い!

家で発電できる分電気料金は確実に安くなりますし、余った分は売り払うことができます。
オール電化とは特に相性がいいです。

 

「新築にするのと同時に太陽光発電をつけ、オール電化に切り替えた」場合、以前と光熱費がまったくかわらないケースがままあります。
つまり、ガス料金分がそっくりそのままなくなるのです。

 

また、二次的な効果として、「自分の家で電気を作ればお金になる」という認識から、節電に取り組めるということもあります。

太陽光発電の導入面でのメリット

太陽光発電のためのパネルは家屋の屋根に設置するのが一般的で、燃料を保存したりするための専用容器などをあらためてを購入したり、追加する必要がまったくなく、設置場所をわざわざ作る労力も必要ありません。

太陽光発電の導入面でのメリットは手間の少なさにあるんだ。

また、雨が降っても積雪があっても、太陽光発電パネルにはきちんとした対策が最初から施してあります。
太陽光発電の導入時の設置も、施工業者が全て行うため、設置する側は、設置する太陽光発電システムの品選びをするだけという手間で済みます。

 

ただし、メリットの裏には必ずいくつかのデメリットが付いてまわることも忘れてはいけません。
震災の影響により、電力不足が問題になっていましたね。

 

太陽光発電はこれらの問題の解決の手助けにもなります。
更に天災時、非常用の電源としても利用できるので、安心感もあります。

これらのメリットは非常に大きく、特に金銭面の理由から導入する人が増えています

メリットのまとめ

  • 太陽の光を資源とする太陽光発電、一度設置すればメンテナンスほぼ不要
  • 昼間あまった電力は電力会社に売電できる
  • 発電する際に騒音や大気汚染などの心配もなく、環境への負担は大幅に減少する。
  • 導入費用が高額なのが難点。

太陽光発電システムのデメリットとは?

 

次は太陽光発電システムのデメリットについて紹介していくよ。

太陽光発電システムはメリットばかりが重視される傾向にあり、隠れた部分でのデメリットにはあまり着目されません。
太陽光発電も万能ではありませんので、ちょっと考えて見れば納得できるようなデメリットがあります。

太陽光発電の価格面でのデメリット

太陽光発電システムを家屋に導入するに当たり、一番最初のデメリットとなるのは価格でしょう。
標準装備とされている太陽光発電パネルの1枚の値段が12万円~20万円です。

 

太陽光発電システムを一般家屋に設置する際の平均枚数は22枚~27枚のようですので、とうぜん金額は200万前後になります
エコエネルギー普及促進の為に、補助金や助成金などの制度もありますが、200万円の費用のうちの0.5%くらいの支給にとどまるようで、これが導入検討者を悩ませる第一のデメリットですね。

 

また、通常の石油石炭燃料を使い続けるよりは、将来的に安く済むことも判っているのですが、設置費用にかかった分の元を取るためには長い年月を要します。
「太陽光発電でクリーンな地球作り」「太陽光発電で日々の光熱費をお安く!」「災害時にも安全安心」という謳い文句が並ぶ太陽光発電ですが、もちろんデメリットもあります。

デメリットについてもっと詳しく見ていこう。

 

太陽光発電システムはその名の通り太陽光を利用した発電を行います。
当然のごとく、日が陰ってしまったり、日光がまったく出ていないような状態では太陽光発電を行うことはできません。

 

また、日光が完全に沈んでしまう夜間にも発電することができず、貯蓄しておけるエネルギーではないことから、年間日照量の少ない東北地方や北海道では環境的なデメリットの部分が大きすぎて、新築家屋でも、屋根に太陽光発電システムが設置してる姿を見ることが少ないのです。

 

また、雨が多く降るような時期や、積雪がある時期も大きな発電を期待することができないので、北国以外でも敬遠されがちなデメリット部分が潜んでいます。
ですが、近代では太陽光発電システムの開発も進んでいますので、日が陰ったり夜間になっても発電を続けることができる仕組みが発表されれば、デメリットの解消となり、普及率の上昇が期待できるでしょう。

太陽光発電の金銭面でのデメリット

太陽光発電は初期投資がかかるため、金銭面でのデメリットは大きくなります。
また、太陽光発電システム導入に基づいてかかる費用を回収できるか・できないかも大きな問題となります。

 

新築の家を建てるのにあわせて太陽光発電システムを導入する場合、家の建築費用と相まって、非常に大きな負担になります
現在は保障期間も設定されているし、発電量も昔に比べて多く、技術進歩によって減価償却期間は非常に短くなっています。

 

しかし、日照量が少ない地方では思うように成果があがらず、なかなか初期投資費用が回収できません。
発電できるのは昼間だけですし、天候にも大きく影響されます。

 

そのため、「いれてはみたけど、あまり効果がなかった」ということも十分考えられるのです。

 

日本政府が2008年に入ってから推奨している太陽光発電システムの

  • 一般家庭導入による普及率の上昇
  • 世界的エコロジー活動
  • クリーンエネルギーの推奨

 

によって太陽光発電システムはデメリットのない、とても素晴らしいエネルギーということだけが強調されてしまっています。

 

しかし、太陽光発電システムのリサイクルや廃棄について、知っている人がほとんどいないことを誰も認識していません

 

エコロジー活動の一環としてリサイクル法やリサイクル費用の発生など、負担方法が明確になる中で、太陽光発電システムの普及率の低さからリサイクルに関する明確な事項が日本では未だ定められていないのです。
ただし、現在の段階でリサイクルや処分にだす手間のデメリットがあるものの、全国に普及が高まればある程度の対策と方向性が定まることでしょう。

太陽光発電システムと家本体との相性によるデメリット

じゃあ資金に余裕のある既存の住宅に太陽光発電システムを後付したらいいの?
よく考えて導入する必要があるんだよ。

太陽光パネルは重く、場合によっては家の寿命を縮めてしまうこともあります。
また、作りが粗雑なものを選んでしまうとメンテナンス費用がかかることもあるんです。

デメリットのまとめ

  • 導入費用が高いというデメリット
  • パネルの価格は一枚12万円~20万円、全部で約200万円ほどの費用が必要となる
  • 日照時間の少ない地方などの環境的な課題
  • 蓄電について

メリットがあれば、当然デメリットもあります。
大切なのは、そのデメリットを把握した上で、導入すべきかどうかを考えることです。

>不動産取引事例で売却価格相場が分かる!

不動産取引事例で売却価格相場が分かる!

不動産取引は初めてでよくわからないから、「地元の不動産会社にお願いしよう!」 それもいいですが、家や出先で「たったの1分」の入力で、お持ちの不動産の見積もり(価格)を複数の不動産会社から教えてもらえるサービスはご存知ですか? 不動産(家・土地・マンション)をできるだけ高値で売却をしたいなら、無料の「不動産一括査定」をオススメします! 全国各地の不動産取引額から固定資産税額の調査を実施! あなたの不動産取引の参考にして下さい!

CTR IMG