固定資産税の評価額とは

固定資産税の評価額について説明します。

東京都主税局の価格(評価額)には次のようにあります。

  • 価格(評価額)とは
    固定資産の価格とは、総務大臣が定めた固定資産評価基準に基づいて評価された額を知事又は市町村長が決定し、固定資産課税台帳に登録したものをいいます。

また、土地の価格の決定については次のようにあります。

土地・家屋の価格は(平成23年度)

3年に1度、全件評価替えを行い、価格を決定します。この評価替えの年度を基準年度といい、平成21年度がこの基準年度にあたります。第2年度(平成22年度)、第3年度(平成23年度)は、原則として基準年度(平成21年度)の価格を据え置きます。ただし、新築、増改築等のあった家屋および分合筆等のあった土地など基準年度の価格によることが適当でない場合は、新たに評価を行い、新しい価格を決定します。

「固定資産評価基準に基づいて評価された額」とありますが、これはどのように算出されるのでしょうか、乱暴な言い方をしてしまうと「固定資産評価基準に基づいて評価された額」は「路線価」に相当します。

■■価格(評価額)、土地、家屋の価格まとめ■■

  • 価格(評価額)は3年に1度改定される。
  • 価格(評価額)は概ね路線価と等しい金額となる。
>不動産取引事例で売却価格相場が分かる!

不動産取引事例で売却価格相場が分かる!

不動産取引は初めてでよくわからないから、「地元の不動産会社にお願いしよう!」 それもいいですが、家や出先で「たったの1分」の入力で、お持ちの不動産の見積もり(価格)を複数の不動産会社から教えてもらえるサービスはご存知ですか? 不動産(家・土地・マンション)をできるだけ高値で売却をしたいなら、無料の「不動産一括査定」をオススメします! 全国各地の不動産取引額から固定資産税額の調査を実施! あなたの不動産取引の参考にして下さい!

CTR IMG