リフォームの費用について

リフォームするときにかかる費用についてまとめてみます。リフォームにもいろいろあり、どのくらいの規模のリフォームをするかで、かかる費用も当然変わってきます。全く知識なく、業者に任せきりだと、もしかしたら高額のリフォームを紹介されてしまうかもしれません。そういうことを防ぐためには、リフォームにどのくらい費用が掛かるのかを知っておく必要があります。

 

まずは、リフォームでかかる費用の内訳を見ておきましょう。リフォームには、当然、材料費がかかります。それに、施工費、つまり、リフォームしてくれる人の人件費、それ以外に諸経費があります。材料費については、どこをリフォームするか次第ですが、トイレやキッチンであれば、その設備費がかかります。また、フローリングや壁を一新したいとなれば、それらの資材費がかかります。

 

ではより具体的に、部位別のリフォーム費用を見ていきましょう。キッチンをリフォームする場合の費用相場は、50万~100万円です。システムキッチンへの変更は、おおよそ100万円以内でできるようです。一方、給排水の工事が必要となると、100万円を超えてしまう場合もありえます。自分が行いたいリフォームがいくらかかるのかは業者に前もって聞くようにしましょう。

 

次にトイレをリフォームする場合、キッチンと比べれば安く、20万~50万円くらいが費用相場になるようです。ただし、和式便器から洋式便器への交換は、50万円を超えてしまうこともあるようです。トイレを広くするなどの場合も同様に50万円では収まらないこともあると言います。

 

お風呂や浴室のリフォームは、50万円~150万円くらいが費用相場です。一番多いリフォームがユニットバスからユニットバスへの交換ですが、この場合は100万円以内に収まることが多いようです。いずれにしても、一つの部位にしても、そのリフォーム内容によって、金額にはかなりのばらつきがあることはぜひ知っておいてもらいたいポイントです。

 

洗面所のリフォームは、20万~50万円が中心的な価格になるようです。外壁リフォームについては、グレードによって変わります。塗料は安くて1坪1万円強、高くて2万円くらいです。実は、外壁については注意が必要です。値段の安い塗料を選んだら、耐久性が低く、またすぐにリフォームする必要が出てきてしまった、ということもあります。リフォームというのは、長期的な視野に立って費用対効果を考える必要がある、なかなか判断の難しい選択を迫られるのです。

 

リビングのリフォームはその内容によります。内装だけを変えたいのであれば、15畳の部屋で30万円くらいには収まるでしょう。一方、間取りの変更をしたいとなると、高いもので300万円にもなってしまう場合もあります。このあたりもリフォームの内容によって差が激しいので、自分がしたいリフォームをよく考える必要があります。

 

ただし、リフォームは高いからと中途半端なリフォームをしてしまうと、のちのち多額の再リフォーム費用がかかってしまったということもあるようなので、注意しましょう。表面的なリフォームだけをしていたら、台風で雨漏れしまったという事態は、できれば避けたいものです。

 

リフォームの値段と言っても業者によって非常に差があることがあります。気になるようなら、いきなり決めてしまうのはやめて、いくつかの業者の費用を比較してみると良いでしょう。リフォームは一生に何度も何度もすることではありませんから、慎重に物事を進めていくようにしたいものです。

 

さて、続いては、リフォーム費用を安くする方法について見ていきましょう。リフォームの費用相場を知って概要をつかめても、やっぱり高いという印象を持つ人も多いでしょう。リフォーム費用が高額にならないような方法を知っておくと、思っていたよりも安い費用でリフォームできるかもしれません。

 

リフォームをするときに、ある程度まとめて依頼すると安く済ませることができます。例えば、トイレだけのリフォームを依頼するよりも、トイレとキッチンをまとめてお願いすると、トイレだけを見たときのリフォーム費用が安くなることがあります。業者としては仕事が欲しいわけですから、たくさん仕事をもらえれば、一つ一つの料金を下げる場合があります。ですから、ある程度複数のリフォームを一度に信頼のおける業者に頼むという方法も良いかもしれません。

 

他にリフォーム費用を安くする方法としては、材料費を抑えることです。具体的には、複数の候補があるときに、特にこだわりがないならば、グレードを下げて安い材料を選択することです。極端に品質に問題があるなどという場合は除き、多少グレードを多少下げても安全性には問題がないことが多いです。

 

材料の選択を業者に任せきりにすることは避けましょう。言われるがままに材料を選んでしまうと、気づいてみたら高額の費用になっていた、ということもあり得るからです。リフォームという大きなお金が動く場面では、しっかりとある程度の知識を持って業者と話せるようにしたいものです。

リフォーム記事一覧

照明のリフォーム

照明というと単に部屋を明るくしているだけと考えられがちですが、実は部屋の雰囲気を決定づける重要な役割を担っているのです。どうも部屋の雰囲気が暗くてどんよりしているから、何かを変えたいのだけれどどうしたらよいか分からない、と悩むことはよくあります。このようなとき、照明を変えるだけで見違えるように居心地…

≫続きを読む

外壁リフォームの基礎知識

外壁は長年風雨にさらされ、紫外線を浴び続ける事でクラックが走ったり、塗膜表面が劣化して雨水をはじく機能が劣化してきます。クラックの口が薄い紙1枚程度開いてしまうと、そこから雨水が浸透して住宅の構造体である柱や梁を濡らし、腐食させる恐れがあります。塗料の種類にもよりますが、新築でも長くても12~15年…

≫続きを読む

シャッターリフォームの体験

シャッター付きの中古住宅を買いました。しかしどうも上げ下げが重たいんです。以前に住んでいた人がシャッターをしばらく使っていなかったようで、所々錆びついています。不動産屋へ電話して確認をしてもらいました。スプレーをいろんな所へかけましたが、多少は動くようになりましたがやはり重たいです。そこで交換と言う…

≫続きを読む

玄関ドアリフォームの費用と相場

玄関ドアのリフォームというと、一昔前までは大がかりな工事が必要なものだったのでなかなか手が出せないという人も少なくありませんでした。ただ近年では1日で手軽に行えるリフォームで、家の雰囲気を変えることができるということから人気となっています。玄関のドアだけをリフォームしたいのであれば、どのタイプの種類…

≫続きを読む

窓のリフォームの費用と相場

家のリフォームというとリビングやキッチンなどを改築するイメージが強く、窓のリフォームをしようと思う人は少ないかもしれません。ただ窓を交換するとエアコンの効きが良くなったり、騒音を軽減できるなどさまざまなメリットが得られますからおすすめです。窓は住宅の中でも熱が出入りしやすい所で、真冬は熱が放出され真…

≫続きを読む

リフォームのローン審査

リフォームを考える人も多いでしょう。しかし、用意できるお金がないことがあるかもしれません。その金額の高さにしり込みして、やっぱりやめようと思うかもしれません。お金がないことで先延ばしにしてしまうことも多いでしょう。お金の持ち合わせは少ないがリフォームをしたい人のためにあるのが、ローンという発想です。…

≫続きを読む

>不動産取引事例で売却価格相場が分かる!

不動産取引事例で売却価格相場が分かる!

不動産取引は初めてでよくわからないから、「地元の不動産会社にお願いしよう!」 それもいいですが、家や出先で「たったの1分」の入力で、お持ちの不動産の見積もり(価格)を複数の不動産会社から教えてもらえるサービスはご存知ですか? 不動産(家・土地・マンション)をできるだけ高値で売却をしたいなら、無料の「不動産一括査定」をオススメします! 全国各地の不動産取引額から固定資産税額の調査を実施! あなたの不動産取引の参考にして下さい!

CTR IMG