土地活用の主要9つの方法を紹介!特徴・メリット・デメリットで比較!

今回は、土地活用の中でも主な9つの方法について紹介するよ。
特徴はもちろん、メリットとデメリットも紹介して比較していこう。
持っている土地はどの活用方法がいいか要チェックだね。

土地活用の種類はこちら!

 土地活用の種類
  • 賃貸マンション・アパート
  • 賃貸駐車場
  • 資材置き場
  • オフィスビル・商業用ビル
  • ロードサイド店舗
  • 医療介護施設
  • 定期借地権
  • 等価交換
  • 土地信託

土地活用9つの特徴・メリット・デメリットを比較!

賃貸マンション・アパート

賃貸マンション・アパートは、住宅需要が見込める地域で成り立つ土地活用方法です。
最もポピュラーな土地活用方法ですが、賃貸住宅経営が成り立つ土地は限られています。
節税効果や安定収入が見込めるという特徴があります。
 メリット デメリット
  • 相続対策に効果がある
  • 固定資産評価減がある
  • 所得税軽減対ができる
  • 安定収入確保が見込める
  • 空室リスク
  • 初期費用が高額
  • 競合の影響を受けてしまう
賃貸マンション・アパート経営をサポートしてくれる土地活用企業
  • パナソニック ホームズ株式会社
  • 朝日建設株式会社
  • 積水化学工業株式会社
  • ポラスグランテック株式会社
  • 東新住建株式会社   などなど

賃貸駐車場

賃貸駐車場には、コインパーキングや月極駐車場があります。
都市部で立体駐車場などを経営する場合は、初期費用が高くなってしまいますが、基本的には初期費用が少なくて済む土地活用方法です。
また、他の土地活用方法への転用もしやすいというメリットがあります。
しかし、節税効果がないため、実質的な収入が少なくなってしまうという特徴があります。
 メリット デメリット
  • 初期費用が少なくて済む
  • 他の土地活用方法への転用が簡単
  • 管理が容易である場合が多い
  • 節税効果がない
  • 税金負担が大きいため実質収益が少ない
賃貸駐車場経営をサポートしてくれる土地活用企業
  • 日本パーキング株式会社
  • 大栄不動産株式会社
  • 株式会社エイコーレンタサービス
  • 積水化学工業株式会社
  • 株式会社加瀬倉庫    などなど

資材置き場

資材置き場は、立地選定を間違わなければ安定収入が狙える土地活用方法です。(周辺のニーズ把握が必要)
しかし、賃貸駐車場と同じく節税効果がなく、税金の支払いが高くなってしまいます。
 メリット デメリット
  • 初期費用が少なくて済む
  • 他の土地活用方法への単葉が簡単
  • 郊外エリアの土地でも可能な方法
  • 節税効果がない
  • 税金負担が大きいため実質収益が少ない
  • 業種によって管理が困難になる

オフィスビル・商業用ビル

オフィスビル・商業用ビルは、周辺がオフィス街や商業地の場合に適した土地活用方法です。
テナントが埋まれば安定収入が見込めますが、初期費用が大きく、景気の影響などを受けやすい特徴があります。
 メリット デメリット
  • 相続税対策に効果がある
  • 所得税軽減対策ができる
  • 安定収入の確保が見込める
  • 固定資産評価減がない
  • 初期費用が高い
  • 景気の影響を受ける

ロードサイド店舗

ロードサイド店舗は、賃貸住宅と並ぶポピュラーな土地活用方法で、幹線道路沿いや郊外が中心に行われます
主に、物販店舗や飲食店、ガソリンスタンドなどに賃貸をして収入を得ます。
商業用ビルと同様、景気の影響を受けやすく、固定資産税などの保有税の減額がなく、税金負担が大きくなるという特徴があります。
 メリット デメリット
  • 相続税対策に効果がある
  • 所得税軽減対策ができる
  • 安定収入の確保が見込める
  • 固定資産評価減がない
  • 初期費用が高い
  • 景気の影響を受ける

医療介護施設

医療介護施設は、医療や介護サービスを中心とする施設による土地活用方法で急増しています。
土地活用を通じて社会貢献ができるという特徴があります。
 メリット デメリット
  • 相続税対策に効果がある
  • 所得税軽減対策ができる
  • 安定収入の確保が見込める
  • 建築資金助成金がある
  • 固定資産評価減がない
  • 初期費用が高い
  • 建築上の制約が厳しい
  • 業態の種類がわかりにくい
大型施設経営をサポートしてくれる土地活用企業
  • 旭化成ホームズ株式会社
  • 住友不動産株式会社
  • 住友林業株式会社
  • 生和コーポレーション株式会社
  • 三井ホーム株式会社  などなど

定期借地権

定期借地権は、用途や契約期間によって3種類(一般定期借地権・事業用定期借地権・建物譲渡特約付借地権)あります。
住居系、介護系、商業系など幅広い用途の事業が可能となる土地活用方法です。
 メリット デメリット
  • 資金がなくてもリスクなく土地活用できる
  • 安定収入の確保が見込める
  • 固定資産税と都市計画税の大幅軽減が可能(住居系用途の場合)
  • 制度の歴史が浅い
  • 長期間利用が固定される
  • 居住用用途以外の場合、固定資産評価減がない

等価交換

等価交換は、所有地上に共同事業者が建築費などの事業費を出資してマンションやオフィスビルを建設し、出資比率に応じて土地と建物を交換する土地活用方法です。
 メリット デメリット
  • 資金がなくてもリスクなく土地活用できる
  • 課税繰延で譲渡取得税が無いことがある
  • 相続税対策に効果がある
  • 土地の所有権が出資比率に応じた共有持分となる

土地信託

土地信託は、土地所有者が信託銀行などに土地を一定期間信託し、管理・運用を委託して収益を得る、現在注目されている土地活用方法です。
 メリット デメリット
  • 受益権の相続ができる
  • 信託運営が面倒くさくない
  • 終了後は所有権が戻ってくる
  • 配当が確定しない
  • 土地信託に適している土地が限られている
土地活用といったら賃貸経営と考えるのはダメだよ。
どの土地活用方法が自分の持っている土地に適しているのかを検討してみよう。
>不動産取引事例で売却価格相場が分かる!

不動産取引事例で売却価格相場が分かる!

不動産取引は初めてでよくわからないから、「地元の不動産会社にお願いしよう!」 それもいいですが、家や出先で「たったの1分」の入力で、お持ちの不動産の見積もり(価格)を複数の不動産会社から教えてもらえるサービスはご存知ですか? 不動産(家・土地・マンション)をできるだけ高値で売却をしたいなら、無料の「不動産一括査定」をオススメします! 全国各地の不動産取引額から固定資産税額の調査を実施! あなたの不動産取引の参考にして下さい!

CTR IMG