空き家活用一番手っ取り早いのは「売却」すること!その理由は?

親の家を相続したものの住む予定が無い。
空き家になってしまっているけど、どうやって活用すればいいんだろう?
と悩んでいる人が多くいるのではないでしょうか?
親の家を相続する時には、すでに自分の家を購入しているという人もいると思います。
その場合、そのまま放置されて空き家となってしまう家が多いです。
誰も住まなくなった親の家をどうすれば利活用できるのでしょうか?
今回は、親の家を空き家にしないための手っ取り早い利活用を紹介するよ。

空き家活用の大きな分かれ道「売却」OR「売却しない」

相続した親の家や空き家を利活用する方法としての選択肢として、はじめに決めなければならないのが「売却するのか」「売却しない」のかです。
 売却する

売却を選択した場合、家の売却によって保全の義務から免れることができます
他にも、維持・管理の労力、費用、税金も必要なくなります
家を購入してくれた人が住み継いでくれるため、空き家は有効活用できます。

 売却しない

売却しないことを選択した場合、賃貸や更地にして駐車場にしたり「貸す」という利活用をすることとなります。
生まれ育った実家を売らずに済むかわりに、家の保全義務や、賃貸経営リスク、維持・管理費用、税金が必要となります。
賃貸にする場合は、家のメンテナンスや入居者の確保も必要となり、不動産経営に慣れていない人からすれば大変な作業となります。

このように、相続した親の家や空き家を利活用することを考える際は、両方の違いを比較して、適した方法を選択しましょう。

一番簡単な利活用は「売却」すること!

不動産経営などに不慣れな人は、売却を選択する方が一番スムーズな利活用となります。
その理由は?
  • 売却手続きは簡単

「売却」は不動産会社に売却依頼をすれば、契約・引き渡しの手続き以外、することはありません。
売却益がでれば、申告をして税金を一度納めて終了です。

簡単だよね。
  • 売却してしまえば手間も管理コストもなし!

空き家を所持していると、多くのお金がずっと必要となります。

  • 固定資産税
  • 都市計画税
  • 光熱費
  • 維持・管理費用
このようなコストを支払い続ける必要があるのです。
売却をしてしまえば、支払う必要はなくなります。
空き家を売却する方法とは?
  • 空き家のままで売却
  • 更地にして売却
この2つから選択して売却することになりますが、不動産会社と相談して売却しやすい方を選択しましょう。
  • 賃貸にしたとしても最後は売却することになる!

はじめは入居者がついた家だとしても、家は徐々に劣化していきます。
入居者が退去した後なかなか入居者が見つからずに空室が続く場合、家賃を下げるかリフォームをするかという判断をする必要が出てきます。
どちらにしても、収支が悪化するため、売却を選択するというケースがよくあります。
しかし、劣化の進んだ家は、相続直後よりも高く売却することはできません。

すぐに売却しないと・・・

  • 高く売れない
  • 早く売れない
というリスクがあるのです。
親の家を相続することになって、すぐに売却を選択できないという人もいるかもしれませんが、賃貸経営は簡単ではありません
相続した直後は、冷静に判断できないかもしれませんが、先々のことを考えて売却するのかしないのかを選択してください。
>不動産取引事例で売却価格相場が分かる!

不動産取引事例で売却価格相場が分かる!

不動産取引は初めてでよくわからないから、「地元の不動産会社にお願いしよう!」 それもいいですが、家や出先で「たったの1分」の入力で、お持ちの不動産の見積もり(価格)を複数の不動産会社から教えてもらえるサービスはご存知ですか? 不動産(家・土地・マンション)をできるだけ高値で売却をしたいなら、無料の「不動産一括査定」をオススメします! 全国各地の不動産取引額から固定資産税額の調査を実施! あなたの不動産取引の参考にして下さい!

CTR IMG