シャープの太陽電池は世界シェア上位!

今回は、シャープの太陽電池について紹介するよ。
シャープの太陽電池にはどんな特徴があるのかな?

シャープ薄膜太陽電池の世界シェア

シャープは太陽電池の世界シェアの上位にランクするほど、世界的にも太陽電池のメーカーとして有名だよ。
シャープは、太陽電池の世界シェア第1位を狙っています。
シャープの生産する太陽電池の中心は、薄膜太陽電池といわれるものですが、この太陽電池の最大の課題は、変換効率です。
変換効率とは?

変換効率とは、太陽光を電気に変える効率のことです。
薄膜太陽電池の場合は9%といわれています。

シャープでは、この薄膜太陽電池の変換効率を、10%~12%に引き上げることが課題であるとしており、変換効率を引き上げることが本格参入の目安としています。
シャープは、変換効率10%の薄膜太陽電池の量産体制を早期に実現することが最大の目標としているんだって。
また、ヨーロッパなどの太陽電池の企業は、政府の後押しもあり、とても力をつけてきていますので、世界シェア第1位を狙うためには、シャープも更なる技術開発が必須とされています。

工場増設で生産量の拡大を図るシャープ

シャープは、売り上げが好調な太陽電池の事業を拡大する予定で、220億円を投じて葛城工場に薄膜太陽電池の新しい生産ラインを作り、出荷を開始しました。
これにより薄膜太陽電池の生産能力は、大幅にアップしました。
また大阪堺市に、薄膜太陽電池を生産する堺工場を作り、2010年3月までに稼動予定です。
シャープの濱野副社長は、世界の太陽電池の発電量の約40%が薄膜太陽電池になるであろうと予想し、薄膜太陽電池の世界シェア5割を狙っております。
そのために巨額を投じて、葛城工場・堺工場を増強し、大幅な生産能力のアップを狙っているのです。
シャープは長年太陽電池世界シェア第1位だった
シャープは、長年太陽電池世界シェア第1位を誇っていました。
シャープは、太陽電池事業において技術競争力が第1位のメーカーであるとも言われています。
シャープは、家電、携帯電話なども生産していますが、携帯電話事業では、売り上げも落ち込みましたが、液晶テレビと太陽電池の実績がよく、携帯電話事業の失敗をカバーしています。
>不動産取引事例で売却価格相場が分かる!

不動産取引事例で売却価格相場が分かる!

不動産取引は初めてでよくわからないから、「地元の不動産会社にお願いしよう!」 それもいいですが、家や出先で「たったの1分」の入力で、お持ちの不動産の見積もり(価格)を複数の不動産会社から教えてもらえるサービスはご存知ですか? 不動産(家・土地・マンション)をできるだけ高値で売却をしたいなら、無料の「不動産一括査定」をオススメします! 全国各地の不動産取引額から固定資産税額の調査を実施! あなたの不動産取引の参考にして下さい!

CTR IMG