【駐車場経営】月極とコインパーキングはどちらが有利なの?

駐車場経営には2つの収益形態があることを知っているかな?
わからないな…。
今回は、駐車場経営の2つの収益形態について紹介していこう。

駐車場経営の2つの収益形態とは?

 

駐車場経営で土地活用駐車場経営で土地活用する場合、まず収益形態を決める必要があります。

駐車場経営の2つの収益形態
  1. 月極…1ヵ月ごとの契約で駐車スペースを提供
  2. コインパーキング…数分~1時間単位で駐車スペースを提供

 

どちらの収益形態にも一長一短あり、持っている土地の条件を踏まえて選ぶことが大事です。

オフィス街や繁華街、駅周辺など、車の一時的な駐車需要が高いエリアでは、コインパーキングの方が収益を得られる可能性が高まります
一方、住宅地などでは月極駐車場の方が適しているようです。

ただ、こうした最適な条件を満たしたうえで、どちらの収益率が高いのかを比べてみると、コインパーキングのほうが有利なようです。

具体的に計算してみよう。

月極駐車場とコインパーキングの月額収益を比較してみた!

1ヵ月2万円の月極駐車場と、一日12時間稼動で1時間300円のコインパーキングの月額収益を比べてみます。

 月極駐車場とコインパーキングの月額収益を比較!
  • 月極駐車場:1台につき2万円
  • コインパーキング:30日間×12時間×300円で1台につき10万8,000円
もちろん、コインパーキングが常に満車の状態になるには立地条件に恵まれている必要がありますが、その点がしっかり考えられていれば、大きな収益が得られるのです。
 15台分のスペースで経営した場合は・・・
  • 月極駐車場:450,000円(月)
  • コインパーキング:750,000円(月)
月極駐車場は利用者が契約を継続しているかぎり、毎月決まった収入があるのが強み。なので安定感があるのですが、契約者の募集や管理費用など、月々の経費がある程度かかります。
契約事務や遅滞賃料の回収、空車のチェック、新規募集などを管理会社に任せた場合、コストがかかりすぎて、経営上の利益がでないケースもあるようです。
一方のコインパーキングは、車の一時的な駐車需要が高いエリアほど収益率が高くなり、好立地の土地であれば月極駐車場を大きく上回る利益が得られる場合も。管理の手間が少ないのも利点です。
設備などの初期投資にある程度の資金が必要ですが、早ければ1年で回収できます。
なお、駐車場の管理会社に土地を一括して貸し出し、毎月一定額の賃貸料を受け取る方法もあります。
とはいえ、どちらにするのかの判断は、専門知識がないとできないもの。
そこで頼りになるのが、駐車場経営をサポートしている企業なんだよ。
駐車場経営サポート会社では、土地の条件を踏まえた最適な経営プランを提案し、開業までの準備と、開業してからの管理・運営もバックアップしてくれます。
土地活用したいオーナーさんとしては、色々な手続きや準備の労力なく開業でき、その後の管理も手間いらず。
活用メリットは大きいといえるでしょう。
おすすめの駐車場経営サポート会社の比較も行っていますので、ぜひ参考にしてみてください。

駐車場経営の初期投資は?税金はいくらくらい?

土地活用法の一つに駐車場経営が注目されている理由の一つに、アパートやマンションと比べて、初期投資の金額を安く抑えられる点があります。
目安としては、コインパーキングの場合1台につき40万円~60万円程度です。

駐車場経営にかかる税金は?

駐車場経営にかかる税金としては、主に固定資産税や都市計画税が挙げられます。
ともに全国一律に定められているのではなく、各市町村ごとに設定されているので、所有している土地がある市町村の役場や税務署に問い合わせる必要があります。
アパートやマンションの賃貸経営だとこれらの税金が減額されるので、駐車場経営よりもトクとする見方もありますが、ランニングコストや手間を考えると税金だけで判断しない方が得策だと言えます。
>不動産取引事例で売却価格相場が分かる!

不動産取引事例で売却価格相場が分かる!

不動産取引は初めてでよくわからないから、「地元の不動産会社にお願いしよう!」 それもいいですが、家や出先で「たったの1分」の入力で、お持ちの不動産の見積もり(価格)を複数の不動産会社から教えてもらえるサービスはご存知ですか? 不動産(家・土地・マンション)をできるだけ高値で売却をしたいなら、無料の「不動産一括査定」をオススメします! 全国各地の不動産取引額から固定資産税額の調査を実施! あなたの不動産取引の参考にして下さい!

CTR IMG