京セラの多結晶シリコン太陽電池は変換効率が高い!

今回は、京セラの太陽電池について紹介していくよ。
京セラはどんな太陽電池なの?

京セラが多結晶シリコン太陽電池を選ぶわけ

 

太陽電池には、シャープが力を入れている薄膜式太陽電池がありますが、京セラでは薄膜式太陽電池は、太陽光から電気を発生させる変換効率が低いため、薄膜式太陽電池の量産にはとても慎重な構えです。
現在の太陽電池の主流は、多結晶型シリコン太陽電池なんだよ。

今までの多結晶型シリコン太陽電池は、変換効率が14%あるのに比べ、薄膜式太陽電池は現在のところ10%にも満たない状態です。
京セラも薄膜式太陽電池の研究をしていますが、変換効率が10~12%になった時点で、量産体制の計画を立てるとしています。

 

しかし、京セラは、海外にも自社工場を多数持っており、太陽電池の需要が高まっているヨーロッパ市場において、チェコに太陽電池モジュール製造・供給拠点を作りました。
チェコ工場は、ドイツを中心として、需要が高まっているヨーロッパ市場を狙ったもので、欧州の需要に応じて生産規模を増強していく予定でいます。

 

京セラは、太陽電池事業において、世界の主要都市に近い生産拠点を作り、市場の特性、規模、ニーズなどを敏感に察知し、迅速に対応できるような体制をとっているのです。

京セラの課題は太陽電池の発電価格

太陽電池メーカーの中で、日本の企業の京セラは世界シェア第4位と、有数の企業だよ。

京セラの太陽電池に対しての目標は、発電価格です。
現在の太陽電池での発電は、電力会社の一般家庭向けの料金に比べると、2になります。

 

京セラは、太陽電池発電の価格を今から、5から6年を目標に、電力会社の料金と同水準に引き下げることを目標にしています。
京セラは、どのように発電料金を抑えるよう考えているかというと、まず製造コストの削減が第一の目標にしています。

 

京セラは、政策などにより左右されない、太陽電池の普及には、製造コストの削減が不可欠であるとしています。
具体的には、太陽電池のコストを、現在の半分以下に抑える必要があるとしています。

 

京セラは変換効率の高い太陽電池を開発!

京セラは、2011年度までに550億円をかけ、太陽電池の生産能力を08年度の2倍以上引き揚げるとしていました。
550億円のうち、450億円は、太陽電池セルの生産能力拡充に当てる計画です。

 

また、京セラは、中国やチェコなどの組み立て工場を増強する計画もあります。
京セラは、変換効率が15.7%という今までに比べると、とても高い変換率の太陽電池モジュールの開発に成功しており、量産準備に入っています。

>不動産取引事例で売却価格相場が分かる!

不動産取引事例で売却価格相場が分かる!

不動産取引は初めてでよくわからないから、「地元の不動産会社にお願いしよう!」 それもいいですが、家や出先で「たったの1分」の入力で、お持ちの不動産の見積もり(価格)を複数の不動産会社から教えてもらえるサービスはご存知ですか? 不動産(家・土地・マンション)をできるだけ高値で売却をしたいなら、無料の「不動産一括査定」をオススメします! 全国各地の不動産取引額から固定資産税額の調査を実施! あなたの不動産取引の参考にして下さい!

CTR IMG