不動産屋のジャンルも様々。不動産投資したいけど、どんな不動産屋が良い?

不動産業に携わる人々

ひとくちに不動産業といっても様々。
投資家の立場からすると、主に売買専門の不動産屋さんを相手にするわけですが、他にも、賃貸だったり、建売だったり、競売屋だったりする不動産屋さんもあるわけです。

初心者の中には、とりあえず不動産屋さんを訪ねてみて、

「投資物件探してるんですけど~」

って、気楽にたずねてみたら、

「ウチは売買はやってませんよ」

と、冷たくあしらわれた人の読者の中にはいるはず。

わたしもそうでした(;´Д`)。

 

まあ、不動産業別の説明はまた今度するとして、
不動産業、主に不動産の売買に携わっている人はどんな人間なのかってお話をしてみよう。

ちなみに、不動産に欠かせない資格といえば、宅地建物取引主任者、略して「宅建」ですね。

 

wikiより引用↓
————————
不動産業を営む「事務所等」には、宅地建物取引業法第15条第1項の規定により「成年の専任の宅地建物取引主任者」を置かなければならないとされている。
最低設置人数は「事務所」に関しては業務に従事する者5人に1人の割合、マンションのモデルルーム等の事務所以外で専任の宅地建物取引主任者を置くべき場所に関しては、業務に従事する者の人数に関係なく1人以上と決められている。
————————

 

要するに、不動産屋さんには必ず宅建を持っている人間がいるわけで、
従業員が5人以下な場合は1人が資格を持っていれば良し。

 

だから、誰にでも不動産業に携わることができます。

賃貸専門の不動産屋さんで働く場合は大方、固定給。

しかし、売買専門となると、固定給は少なく、固定+歩合、又は完全歩合制の会社が多いわけです。

そりゃ契約まで結びつかないと手数料が入ってこないので、経営者としてはどうしても歩合制で人を雇いたいと考えます。

バブルの頃と違って、今は人件費にお金をかけるわけにもいきませんから(;-д-。

 

歩合制となると当然社員は生活のために是が非でも契約をとってこないといけません。

 

できる人間は年収ン千万、できない人間は収入ゼロ。

毎月安定した収入があるわけではないので、離職率はかなり高めです。

離職率が高いということは、逆にいえば入社しやすい環境ともいえ、経験が無くてもすんなに入れたりします。

 

言ってみればアウトロー的な人間が集まりやすい業界なわけです。
基本的に営業職なので、体力的な問題から20代、30代の方が多いですね。

 

彼らは生活がかかっているので、お客さんのニーズにこたえる余裕がなく、手当たり次第、営業をかける人も中にはいます。

 

ノルマがある場合が多いですからね。
投資家のみなさんは、こういう営業マンとは付き合ってはダメ。
いい物件にめぐり合うことができませんよ。
イメージ的にはグレーな感じを受ける不動産業界ですが、
様々な人たちとの出会いはとても魅力的です。
また、不動産はとても創造的なダイナミックな仕事ができるので、
人付き合いが苦でなければかなり面白い仕事です。

コンタクトの取り方

 

インターネットを使って、物件を探している人が多いようですね。
先日も、インターネットで良さそうな物件を扱っている会社に狙いをつけて、コンタクトを取るのも良いと書きました。

では、みなさんどうやってコンタクトを取っていますか?

とりあえず、メールで問い合わせていたりするんじゃありません?

 

だめですよ~、そんな悠長なことやってたら(;´Д`)。
インターネットで物件見つけたからといって、すべてをインターネットで完結する必要はありません。

良い物件は、

わずか1日!

で、売れてしまいます。

 

インターネット上に出てくる物件は、誰からも参照することができるので、
ホント足が早いです。

やはりメールではなく、すぐに電話でコンタクトを取るほうが確実です。

 

まだまだ不動産業界は古い業界なので、メールでのやりとりを嫌う業者さんもあります。

「なんかいい物件ないですか~?」
なんて中身のないメールを出したら、それこそ相手にされません。

 

一番スマートなコンタクトの取り方は、まずメールかFAXで

氏名、住所、年齢、職業、家族構成、不動産の有無(持ち家か賃貸か)、年収(所得)、自己資金、希望物件

ぐらいは、書いて送ります。

 

それと同時に電話で、希望物件についてコンタクトを取ります。

 

業者さんは、上記のことについて聞いてくるはずですので、
「メールで送っておきましたよ~」
って感じにしておけば、今後のやりとりがスムーズにいきます。

 

良い物件を購入するには、スピードが肝心ですよ。

不動産投資信託(REIT)

もっと小規模な不動産投資をしたい人には、REITを考えてみてはどうでしょうか。

REITとはReal Estate Investment Trustの略で、不動産投資信託です。

 

不動産を証券化し、投資家から集めた資金で不動産を購入。

その不動産の家賃収入、あるいは売却益を投資に配当するというシステムです。

簡単に特徴を以下に書いておきます。

1、配当利回りが高め
もちろんピンからキリまでありますが、平均4~6%程度の配当利回りが見込めます。

 

2、小規模から不動産への投資ができる
不動産投資というと、一般に、数百万以上の資金が必要ですが、REITなら数十万円から始めることができます。

 

3、流動性の確保
不動産は流動性に乏しいという流動性リスクがありますが、
REITは取引所に上場されるので、株式と同様の換金性や流動性を得られます。

 

 

このように、REITはローリスク、ローリターンの金融商品といえます。
ただ、通常の不動産投資と違って、レバレッジが使えないのが欠点ですね。

 

ちなみに、REITは米国では1960年に誕生しているのですが、
日本版REITである、J-REITは21世紀になってから誕生してます。

 

米国は何においても進んでいますね~。
日本もどんどん新しいものを取り入れていって欲しいと思います。
>不動産取引事例で売却価格相場が分かる!

不動産取引事例で売却価格相場が分かる!

不動産取引は初めてでよくわからないから、「地元の不動産会社にお願いしよう!」 それもいいですが、家や出先で「たったの1分」の入力で、お持ちの不動産の見積もり(価格)を複数の不動産会社から教えてもらえるサービスはご存知ですか? 不動産(家・土地・マンション)をできるだけ高値で売却をしたいなら、無料の「不動産一括査定」をオススメします! 全国各地の不動産取引額から固定資産税額の調査を実施! あなたの不動産取引の参考にして下さい!

CTR IMG