区分所有か一棟ものか

 

以前から、マンション一室から始める区分所有物件に人気が集まっています。
区分所有なら、数百万円から不動産投資を始めることができるので、初めての方にはやりやすそうに見えるのかもしれません。

 

でも、区分所有ははっきりいって、おすすめできません。

まず、区分所有はリスク分散ができません。

手軽に始めることができる反面、入居者が決まらなければ、
家賃収入はゼロで、経費の分だけマイナスになってしまうリスクがあります。

 

また、区分所有だと時間が経つことに価値が減価していきます。

 

土地が付いていれば、土地の値段より下がることはありませんが、建物はそうはいきません。

当然、古ければ古いほど価値は失われていくのです。

 

価値が低いということは、担保価値も低いということなので、
次に不動産を購入するときの共同担保にいれることができなくなってしまいます。

 

そもそも、1室では事業として認めてもらえないので、
たとえ高利回りだとしても、収益還元法での融資を受けるのは難しくなります。

 

よく5棟、10室なんて言葉をいいますが、この基準にかかってこないので、
青色申告を使って税制上の特典を受けることもできません。

 

小さく初めてコツコツやるという考えなら、区分所有と選択もあるかもしれませんが、これらのデメリットを考えると、やはり最初から、土地付1棟もの購入から始めたほうがいいと考えます。

 

 

まあ、区分でも実質利回りが20%以上あれば考えてもいいですが、そんな物件はほとんど出てきませんし…。

居住用物件と商業用物件

 

不動産投資といえば、大家さんという言葉のイメージからか、居住用物件が対象にされやすいですね。
しかし、なにも不動産投資の対象を居住用物件に限定することはありません。
商業用物件にも視野を広げてみるのも面白いです。
では、居住用物件と商業用物件の違いについて、考えてみましょう。

 

まず思いつくのが、融資比率の違いです。
居住用物件に対しては、フルローン可能な物件もありますが、商業用物件となると、大体半分程度しか融資をしてくれません。

その理由は、空室率にあります。

 

居住用物件の場合、よほどの問題が無い限り、家賃を下げれはで入居者は決まります。
しかし、商業用物件の場合はそうはいきません。

例えば、これからスナックを始めようと考えている人がいたとします。

その人が普通の事務所のような部屋を借りようとは考えないはずです。

やはり、最初からカウンターバーを備え付けてあり、音響設備も整った商業用物件を借りたいと思うでしょう。

 

事業主にとっては、すぐにでも事業を始めたいわけですからね。

このように、商業用物件は、ただ賃料を下げるだけでは店子が決まらないので、
金融機関は融資比率を低くせざるを得ないわけです。

 

ただ、商業用物件にももちろんメリットはあります。

先に述べたように、商業用物件は、店子がいるかいないかで、大きく変わってきます。
それは物件の評価にも違いが出てくるわけです。

 

もし、店子を見つける自信があるのであれば、テナントが入っていない商業用物件を割安で買って、
すぐに店子をつけてあげれば、銀行評価は格段にアップします。

 

詳しくは、お金持ちになれる「超」不動産投資のすすめを読んでみてください。
本当に勉強になりますよ。

先を見据えた融資対策

所得も信用もないから、今は不動産投資はいいや、なんて人いませんか?
何を言ってるんです!
今からやらなければいけないことだってあるんですよ。

 

コツコツ貯金をしていって、自己資金を貯めたとしましょう。

でも、いざ不動産購入という段階になって、融資がおりない。

そして、また不動産投資をあきらめちゃう。

 

こんなことにならないためにも、今から融資してもらうための信用づくりをしておかなければいけません。

 

みなさん、色んな銀行口座を持ってると思ってますが、特に深く考えないで預金してませんか?

投資家であるなら、ここからよくよく考えてみるべきです。
私達は、雀の涙ほどの利子をもらうために、たくさんのお金を銀行に貸しているわけです。

これって割りにあわないでしょ。

 

都銀なんて、預金額が数十万円単位じゃあ、顧客として見てもくれません。

 

融資のお願いなんてしても、門前払いがいいとこです。

 

ならば、どこがいいかというと、自分の住んでいるエリアの信用金庫や地銀です。

 

特に信用金庫は、地元のお客さんを大切にします。

 

預金額が数十万円単位でも、ちゃんと顧客としてみてくれます。

 

金融機関は安定安全主義で、堅実、誠実な人にお金を貸したがります。

 

ですから、今払っている、公共料金の支払いや、給料の振込先は、
先々の融資を見据えて、自分のエリアの金融機関お願いするんです。

 

並行して、定期預金も積んでおくと良いでしょう。

めぼしい金融機関に積極的に足を運んで、自分は将来、不動産投資を考えていることを話しておきましょう。

向こうだって人間ですから、仲のいい人間に貸したがるのは当然のことです。

 

自分は事業として、不動産投資をやりたい。
きっと、あなたの熱意は伝わります。

さあ、今度の週末は金融機関を回りましょう!

 

>不動産取引事例で売却価格相場が分かる!

不動産取引事例で売却価格相場が分かる!

不動産取引は初めてでよくわからないから、「地元の不動産会社にお願いしよう!」 それもいいですが、家や出先で「たったの1分」の入力で、お持ちの不動産の見積もり(価格)を複数の不動産会社から教えてもらえるサービスはご存知ですか? 不動産(家・土地・マンション)をできるだけ高値で売却をしたいなら、無料の「不動産一括査定」をオススメします! 全国各地の不動産取引額から固定資産税額の調査を実施! あなたの不動産取引の参考にして下さい!

CTR IMG